奇子

太郎ノフさんちの奇子SS読み返して、無性に手塚治虫の原作読みたくなって、ごそごそ読んでました。
中二お兄ちゃんには・・・・・まだはやいかしらん。
何読んでるの^とやってきて、最初の数ページで「何かむずかしそう」というので、「色んな意味でまだ早いかもね。」と、言ってしまった意気地なし親。
いきなり奇子のエロスじゃなくて、もうちょっとワンクッション置いた方がいいのかなあ・・・・
あの子は、あまりに生々しい生理的な匂いを放つ。それでいて純粋培養って、どんだけ、魔性なんだ。
まだ、知らないで欲しい気もする・・・下田の息子みたいに逃れられなくなったら・・・とか女親としては考えてしまう。
でも、そこらへんに放り出しておく。

で、自分もSS書いてみた。
終齢幼虫




原作ラストの、あの暗闇は、やっぱり、もう一度胎内から生まれてくる儀式なのかなあ。
救助された奇子の表情が、ちゃんと人間の顔してるんだもの。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「奇子」は一言では言えないストーリーですよね。
一番まともそうに見えた伺朗も終盤えらいことに。。。

リンクありがとうございました!
こちらもリンクさせて頂きました☆

Re:

>りんさん
「奇子」いごこちの悪さがやみつきになります。伺朗はいっしょに箱へ降りることを選んだんだな、でも、だからもう外へは連れて行けない、そして兄の仁朗は外からしか奇子を守れない、同じ箱に入ることをしない、
2人の愛し方がそれぞれ行き止まりなのがせつないです。
相互リンクありがとうございます~。
そちらの新作、音楽と合わせてみました~楽しい!


プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク