気がついたら2週間

ども。だれかジャンプ展行ったかなあ〜〜と情報待ってる雪うさぎです。
前の記事のあと、どうも気になってるのが、
よく聞く「糖分捕りすぎるからスポーツドリンクは薄めて」というの。
小中学の保健室便りとかにも書いてた気がするけど。
いや、薄めたら意味ないんと違うん?と今更ながら疑問に思った。


んで、ポカリHP覗いてみた。よくある質問コーナーにありますねえ。
以下抜粋:
Q:ポカリスエットは薄めて飲んでも熱中症対策になりますか?

A:ポカリスエットを薄めてお飲みになることはおすすめしておりません。ポカリスエットは、「水分とイオン(電解質)のスムーズな吸収」を探求し、現在の内容成分に決定していますので、水で薄めてしまうと「水分とイオン(電解質)のスムーズな吸収」が損なわれてしまう可能性があります。
厚生労働省の通達文(職場における熱中症の予防について)や文部科学省の依頼(熱中症事故等の防止について)などに、熱中症を予防するための飲料として、「塩分濃度0.1~0.2%」の飲料が望ましいとされています。
また、公益財団法人 日本体育協会の「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」には、1時間に2リットルなどの多量な発汗を伴う運動中には、「0.1~0.2%の食塩と4~8%の糖分」を含んだ飲料をすすめています。
ポカリスエットは、糖分・塩分ともに、この濃度の飲料です。薄めずにご利用ください。



糖分の質問もあったけど、カロリー少ないよねえ。
誰だよ、薄めろとか言い出した奴!!



・・・・うーん、要するに、薄めてないポカリと、普通のお茶や水と、両方持っていけば完璧なんと違うのかねえ。


さて、GJもフラゲしております。
今回はイガメインで淡々と進んでおりますが。
前回記事で書いた「時代の転換期」あーーーコージィ先生、そっちの方で埋めに来たか、と。
1978年。







コメントの投稿

非公開コメント

スポーツ飲料からの考察、楽しく拝読させていただきました。
コージィ先生なんと道具の方からきましたねえ!
その発想は無かった!と普段からボンヤリと読んでる私は思いました(´∀`)
金属バットは高価だけど、知人や部員の家が工場で特別価格で譲ってくれる展開になってくれたら、脇役たちの背景も見られて面白そうです(*´ω`*)
そしてオールスターくじの根付け購入されたのですね〜!
私はまとめ買いしたけど見事に外しました…泣
でもメルカリで購入できたので、今は平穏な心を保てております笑( ˘ω˘ )

re

>非常食さん
そうそう、金属バットへと変わる時代なんですよね。
高校野球、甲子園での使用は1974年夏からのようですので、
谷口さん3年時は、もう普通になりつつありますね。
金属、一本あたりの単価は高いですが、折れないのでコスト安いという理由で導入されたらしいですよ。でも墨高の狭いグラウンドでは飛びすぎたら困りますねえ。
メルカリですか、今はいろんな方法がありますねえ。ゲットできて良かった良かった。
プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク