先攻後攻といえば

ども。
春休みです。子供とリボーンのヴァリアー編DVD見てます。
獄寺の行動パターンが丸井に見えてしょうがないです。ヴァリアー編からは主人公がちゃんと萌え満載カッコええのでいいですなあ。それ以前はバカ・・(こら)。

月初めは毎度慌ただしいので、どうもここんところチャットのお題を熟成させられなくて申し訳ない。
しかし、もしもたらればの先攻後攻といえば、まさにうってつけモデルケースがあるじゃねえか、と。
はい、アニメ版青葉再試合!
これが原作と逆になってるのについてはもちろん賛否両論あると思う。わたしゃあどっちも美味しく頂いてますけども。
これは、アニメがもともとスペシャル版だったこととおおいに関係があるんかないかと思ってるんだけどね。
つまり、二時間内で青葉戦を二度見せなければならない、密度の濃い中でかぶらないよう違う見せ方をしなければならない、といった事情じゃないかなと。
原作の月刊連載と言う長い時間軸の中だとね、ラストの繰り返し、つまりイガラシの本塁リベンジが効いてるんだけども。悔し涙から、こんだけ成長したんだぞっていう、イガラシの意地。
その一方で、アニメのラストが意識飛んでる浅間で折り重なった一番下の丸井の手に勝利が握られてたってのも、また、ヒーローじゃない奴らの物語、という感じで好きです。
9回裏を投手佐野でみせるのか、投手谷口でみせるのか、それもまた味の違いを楽しんじゃえ。
読み返さずに記憶のみで書いてる文章なので、ちと消化不良かもしれんが。
ではおやすみなさい。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク