ドレッサー

休日なので、さて掃除でもするかと腰を上げたが。

身の回りのものの、7割はおよそ生きて行くに必要もないし、いらないものなのに、と思うが、捨てたり整理するのに時間と気力をさくのもあほらしい。
なんかなあ・・・・綺麗な食器が棚にびっしり入っているが、(親が置いてった)使わないんだよなー・・・誕生日とかには使うが、そういうハレの食器だって、一セット有りゃ十分なんだ・・・・ほんとは。

開かずの部屋あけて、全く使っていないドレッサー・・いわゆる鏡台と目が合った。

嫁に行く時に母がこだわったもののひとつが、「ドレッサー買いなさいよ」だった。
ドレッサーに何か深い意味があったのかどうか。
ゆっくりお化粧をするための自分の時間を大事にしなさいという意味だったのか、
ドレッサー一つ分のスペースだけでも、自分の居場所をもちなさいと言う意味だったのか。
とにかく、そのこだわりかたは、なんというか、娘の人権保障の証みたいな剣幕で。

しかし、そこまでいわれると、買うからにはやっぱり自分の納得のいく、居心地のいいものが欲しい。
家具屋さんをまわってもピンと来ず、(嫁入りダンスセットの一部分的なのしかないからねえ)
当時の旦那や姑についてきてもらって店を回って、時間をかけても見つからないのだ。
しまいには「いい加減に適当なので妥協したら?みんなあなたに付き合って待ってるんだから」
そう云われてしまうと、もうとたんにどうでもよくなってしまった、ので、結局シンプルな無印のようなのを購入したのだった。母親には「ドレッサー買ったよ」といって安心させた。それだけの道具だった。
そこで化粧したことなんて、ない。
化粧品だって、ポーチひとつぶんありゃ事足りるのだ。


うん、落ち着いたらリサイクルショップに売っちまうかね。
あれは、ただのドレッサーだ。
家具一つ分の居場所を確保しなけりゃ生きていけない女、なんて、そんなのもうごめんだなあ。
と、今や家の主と化してるわたしゃあ、思う訳だよ。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドレッサーの意味すらわからんかった(;_;)
鏡台のことね。。。
母には特別な思いがあるのでしょう。
私も洗面所でしか化粧したことないですが(^^ゞ

No title

>妹さん
おひさ~。うんまあ、嫁入りダンスセット、の象徴だったのかもしれんわ。
しかし書いといてなんだが、よくよく考えたら自分のドレッサーは出戻る時にこんなもんいるかーっと捨てた気がするんだわ。もしかしてうちにあるのは君のではないか?と思ったので、もうちょっとおいとくわ。いっぺん確認してくれい。
プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク