今週の少年ジャンプ







ジャンプ展の記事。1968~1975年まで、7作品出てます、そのうちの一つ。ちなみにトップはハレンチ学園。







4話目  追記にネタバレしましたよ♬

フライングゲット組ですこんばんわ。もう普通に火曜日昼には売ってんだもんな近所のコンビニ。
なので、ネタバレは追記の方にそのうち書こうと思ってますが、とりあえず。
先週の谷口さんに違和感や不安を覚えた方もおられるかと思います、こんな理屈っぽいの谷口さんじゃねーとか
そんな井口つるし上げみたいなひどいこと谷口さんしないよ、とか。
(案外谷口さんは理論派ですよ青葉仕込みの、と反論しておくけどまあそれはおいといて)
でも、今週読んでみて。納得するから!
まあね、それぞれのキャラらしさっつったって、もう何十年と心の中で美化してたりしますからね、案外毒や影の部分てのは見えてなかったりするもんで、私なんか、大勢の見てる近藤より数十倍美化した近藤みてる自信があるからね。
そしてちばあきおセンセ本人がけっこう読者の裏かくのも好きだった、と思うのよ。そういうところも思い出してね。
さて、今回ですが、キャプテンを思い出させる仕掛けが散りばめられていて、それでいて、それぞれの立ち位置がコージィ先生の思い入れではこうなんだ、って明確になってて、ちょっと胸熱でした。

(しかし、このぶんだと丸井の一学期の成績は悲惨な事になりそうだわーあいつこの合間に墨二にも応援行ってる訳だし。)

5/17追記しました。

続きを読む

どもども

昨日はチャットご参加ありがとうございました。
昨今の井口を見るにつけ、松川はもしかして受験勉強中も硬球をニギニギしてたんではないか、んでその硬球は倉橋先輩が卒業時にくれたもんでは、なんて妄想してましたよ。
さてさて、どうも、タカミン不具合な方が今回多かったので、次回からはちょっと会場変更しようと思ってます。
まーもうログ捕らねえから、タカミンの理由もないしな・・・。

覚え書き(イチロー)

ども。そういやグランドジャンプ10号(プレボ2話のときのね)の、イチローのインタビュー記事のこと書いてなかったなあ、と。
イチローがキャプテンファンでイガラシファンなのは有名ですが、熱くキャプテンについて語ってくれているこの記事で、もっとも心引かれたのはこの部分。
野球の名門、愛工大名電にすすんで甲子園にでたイチローに対しての
果たして谷口タカオは、墨谷高校は、甲子園出場を果たすことができるのか−−−イチローは言った。「僕らが公立に負けるってことですよね。それはないでしょう。」

もちろんこの答えには続きがあって、「よっぽどいいピッチャーがいなければ難しいと思います。でも、すごいピッチャーがいたらあり得ますよ。とんでもないピッチャーがね。」それは谷口か松川かイガラシか井口か〜〜でまとめられてはいるんだけども。

なんかね、イチローがホントにリアルに谷口達がいたら、と真剣に答えてくれているのがね、そして、僕らは負けない、って言っちゃってるのがね、プロになるために強豪校を選んだという、強い意志で道を選んだ者が負ける訳にいかないって、
生きて来た道に対する自信が伝わってきて、さすがだなあと思った。



3話〜

もうそろそろ、ちょっと待ったー!と片瀬が名乗り上げてもいいんでないだろうか、僕も投げますテストして下さい的な、んで投げたらクビとか言われたり(しません)。

まあそれはさておき。
その日読者は思い出した。谷口さん最強ということを。



続きを読む

プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク