肘ごつん

hiji.jpg


こちらは霧雨でした。
そういや8月一回も近藤描いてないよ、と思って。

倉橋谷口が帽子くいっ(アニメの方ね)なコミュニケーションなら、牧野近藤は肘鉄とか・・・と妄想。
こつん、ごつん、げいんっ、とか力具合で牧野の機嫌が分かる・・・。


おぼえがき/戦争の児童文学とか

夏で、終戦記念日やら、松江市のはだしのゲン閲覧制限問題とか、いろいろあるので。
ちょっと覚え書き的に、自分がこどものころ読んで覚えている戦争の本とかあげてみる。
あ、読み直した訳ではないです。だから、記憶あやふやかもしれんけど。


pika.jpg

ひろしまのピカ
たぶん、小学校の時の課題図書だったんじゃないだろうか。
絵の強烈な印象が残っていて、いざ、母になって子供らにヒロシマを説明するのにどうしよう、と考えたとき、
まっさきに本屋に行ってこの本を買いました。好んで繰り返し読む本じゃないけれど、心に残ってくれればいい、そういう強烈な力のある絵本。


tihiro.jpg

戦火のなかのこどもたち

いわさきちひろといえば、なぜかこの本、という擦り込みができてます。
これも小学校に会ったのだと思う。ベトナム戦争が題材らしいのですが、これも、こどもたちの視線の印象だけが頭にのこってる。


ida.jpg


ふたりのイーダ

まだ幼稚園のとき、友だちのお母さんが連れて行ってくれた映画がこの作品でした。
古びた洋館に、動く椅子。ちいさな女の子がなにか良くないものに連れて行かれちゃいそうで、
怖かった。女の子を捜してさすらう椅子のシーンまでしか記憶になくて(多分怖くなって会場から逃げ出したのだと思う)その後、小学校6年でやっと松谷みよ子の原作だと知り,手に取ったのでした。
うん、原爆が絡んでいたのだと、原作読んでやっと知りました。
映画は幼児期のトラウマといえなくもないですが、それがなければ再読する事も感動する事もなかったと思います。


bon.jpg

今江祥智ファンなので、「ぼんぼん」「あにき」「おれたちのおふくろ」三部作は読んでいるのだよ。
この人独特の、やんわりした大阪弁、男の子と女の子、オムライスとタカラヅカ、そういったやさしいものにじわじわと戦時中の空気が滲んで行く。




うん、こんなかんじかなあ。
すいません、二十四の瞳もガラスのうさぎも読んだけど、あんまり覚えていないのだ・・・。
二十四の瞳は日生アニメスペシャルかなんかで見たのがむしろ印象にのこってるか。
映画は、中学校で映画鑑賞会で見たのが「ひめゆり」と、「ザ デイ アフター」と、もうひとつ・・「この子をのこして」だったか・・・うーんおぼえてない。ひめゆりはさだまさしのテーマ曲のサビだけが強烈に印象に残ってるよ「しあわせですか しあわせですか あなた みんなおなじしあわせになればいいのに」



マンガ、はどうだっけ、というと。
実はゲンはちゃんと読んでない・・。まあたまたま機会がなかっただけですが。赤旗に連載してるのをたまに読んだかな?数年前の実写ドラマは面白かった。
最近では、やっぱり「この世界の片隅に」かなあ。
ジャンプ黄金期に載ってた「飛ぶ教室」も入れたい。核戦争後に生き残った子供達の話。



ところで、私が一番子供の頃トラウマになった本は、小泉八雲の「怪談」です。
祖母に赤毛のアンと一緒に誕生日プレゼントされて読んだら、不眠になって次の日ご飯も食べられなくなった。
ま、何が苦手なんて人によって違うし、読む権利も読まない権利も、自分の手にある方がいい。
親としても、そう思う。




ポケモン見て来た

今年のお盆は動きませんです。
まだちょっとお兄ちゃんふらふらしてるし。筋肉が壊れて出る酵素の数値上がってたらしくて、一週間はクラブ禁止〜。まあ、つねづね「上手にやれよ」と言ってましたけどねえ。
二つ前の記事のイガラシに色塗りましたー。

今日はちびと恒例ポケモン映画見に行きました。「神速のゲノセクト/ミュウツー覚醒」ですな。
去年の三銃士もどきよりはるかに面白かったです。
ネタばれと腐つぶやき含むので追記から。いや、ミュウツーが女性体なら別に腐じゃないですね、ハイ。

続きを読む

アルパカに乗り換えてみた

ども。
みなさん熱中症気をつけてね。
のんびり日曜日過ごそうと思ってたら、お兄ちゃんクラブの合宿先から電話ー、「朦朧としてるので病院つれていきますー」ええええ。
まあ、車中で水飲んで病院着く頃には復活してましたが、1Lほど点滴入れてもらって帰ってきました。
今は筋肉痛でヒイヒイ言ってますよ。


すぐにフリーズするフォトショップ、あきらめました。はい。
で、MAcで使えるフリーソフトないかなーということで、fireAlpaca、アルパカさんダウンロードしてみましたよ。

題材はひっさびさのヒットエンドラン。4年ぶりぐらいじゃないでしょうか〜サイトの更新も放置でしたし。
run2_20130811231445350.jpg
かなり以前に近い塗り方ができたと思います。オッケー!
またお絵描きがんばるぞって気になるよね。

さて、ラン君描いたのは、
えー。昨日の仙台育英対浦和見て、思うところがあったからでして。
うん、浦和のエースね。力投と、無念と、泣いてるところ見て、うん、うるっときて、
んで、ヒットエンドラン読み返したくなったと。
模写したのは気力限界に来てるシーンなので、眼の光が弱くなっている。




例によって絶版マンガなので、あらすじポイントから。
転校先の強豪校、関中でリリーフピッチャーとして認められたラン。級友麻野久美子の死も乗り越え、エース甲斐のケガにより、2年生ながら、準決勝のマウンドに立つ。
初回で2点を取られるが、気持ちを立て直すラン。
「ぼくたちより強いチームはいっぱいある・・・だけど、そのたびに負ける訳にはいかないんだ!」
そして、試合は投手戦になっていく。最終回(中学野球なので7回)、捕手熊沢のヒットで同点延長戦にもつれこむ。熊沢は呟く。「どうだ・・・おれたちはまだ負ける訳にはいかないんだ・・・・麻野・・・」
延長12回、体力の限界ながら力投を続けるラン。この回さえおさえれば、日没ゲーム、誰もが打ち取ったと思った最後のフライを、レフトがエラー。
ドンマイ!とエラーをした先輩に声をあげ、再び淡々と投球動作に入るラン。だが。
「か、甲斐先輩・・・遠藤さん足がヘンですよ・・・」「い、いかん!痙攣をおこしているぞ!!救援の用意だ!」
時既に遅し。すでに気力の尽きていたランが投げた最後の一球は、高々と弧を描き、観客席に落ちて行った。
号泣するナイン達の中、ただ無言で立ち尽くすラン。・・・静かに涙は頬を伝っていた。






ほんと、再販して欲しいですこれ・・・。







熱い夏

iga2.jpg


甲子園3試合目は見られるんだが、たいていへばっててテレビの前で熟睡している・・・。






懐かし絵本とか

ちゃっとで、懐かし絵本の話がでたので。

ももいろのきりん
momo.jpg
作者が中川李枝子さんだったのね。ぐりとぐら、たんたのたんけん、こどもの大好きな世界。

ふらいぱんじいさん

pan.jpg
これも大好きでした。


おしいれの冒険

osiire.jpg

そもそも、本大好きだけど、ほとんど友だちの家か幼稚園で読んでたんで、家にあったのはアンデルセンとかグリムとか世界の昔話全集とかで、日本の創作童話って実はあんまり持ってなかった。しかし、この本だけは「買って」とおねだりした記憶がある。
怖いんです。子供心に、ねずみばあさんメチャメチャ怖かった。おしいれのシミとか絶対探すまいと思ったら、うちの天井がベニヤの模様で・・・怖かった。ホントに大冒険した気になったもんで,この本は自分の子供にも買ったよ。

kamii.jpg
これは息子がはまりまくった。「好きすぎてロボットつくっちゃったよ」とお兄ちゃん。おしいれと同じ、古田足日さんでした。

あー。1960年代のがおおいですねー。






最近のでは、「おれたちともだち」シリーズ、買いそろえましたよ。


tomodati.jpg

「ともだちや」「ともだちくるかな」「ありがとうともだち」
きつねとおおかみさんの仲良しっぷりがたまりません〜〜〜〜。
しかし「ともだちくるかな」のおおかみさんの。こころがあるから悲しいんだ、と、こころを捨てちゃうくだりは、胸がズキズキしましたよ大人として。きつかったわーーーーこころが日干しになってく感じに身に覚えのある大人としては。







プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク