イガの手も借りたい

DSCN0408.jpg


某所でお祝い用に描いたものですが、結構気に入ったので。
「間に合わんっ手伝ってくれっ!」「イチゴのへたとりぐらいなら・・・。」
つうか、本逆さだし。
イガはラーメンしか作れない設定(笑)。

topの小室のいいこと、ヒントは「ひとつ足りない」でした。

いい日だ

110216_1715~01

きょうは、祝い日だあ~~~~!
青空で、気持ちいいので、昼に走って、それからいつもの病院に行った。
看護師さんに今日で終わりですよと言われて、へ?・・・まて、心の準備出来とらんぞ。

じわじわ、嬉しい。

まあ、墓場まで持ってく予定の持病が、なんかここんとこの医学の進歩で5割ぐらいは治ると聞いて、しかし女は40歳過ぎたら3割に減るというので、2割の差は大きいぞと思い立って通院始めたのがおととしの誕生月。
根治、した。

これでもう、しんどいだのへちまだの言い訳できなくなっちまったな。へへへ。
体、大事に使わなきゃね。
とりあえずしょうが紅茶で祝杯。

たくさんの谷口に伝えたいこと

うちの道草topから、キャププレの日々は、たぶんずっと外さない。

好きを叫ぶだけじゃない。サイトを持ったもう一つの目的。
がんばりすぎていないか。壊れそうになっていないか。
かつての自分と同じように、谷口くんに恥ずかしくないようにがんばろうと決めて生きて来た人たちに。
あなたのそばに、田所さんはいますか。
「もうあきらめろ」「いいんだいいんだ、よくここまでがんばってきた」と背中を抱いてくれる父ちゃんはいますか。
隣人でなくてもいい、心の中に、谷口の不器用な危なっかしい強さの他に、田所さんの広い視点、父ちゃんの大人の深さ、弱さを許す人がいてくれますように。
「あほう、がんばるな!」と一喝してくれた上司。
上手く行かないのは努力が足りないからだと個人のせいにされてしまう世の中。ちがうの。そうじゃないの。
一人じゃ野球ができないように、自分ではどうにもならないこと(たとえば体、たとえば子供、たとえば恋)それすらも引き受けて力にするイガラシの強さを思う。頼むわとあっさり言えてしまう近藤を思う。
がんばりすぎないで。ひとりでがんばろうとしないで。
がんばるとがんばらないの向こう側に行くのは、きっと、肩の力が抜けたとき。
大丈夫、見えたらきっといつか行けるから。

サイト始めてから、オフラインに戻っていった友人達に、いつも伝えたいと思っていること。
また強くなってオンに戻って来た友人には、もうここは必要ないねと、笑って手を振って。
でも、いつ帰ってくるかもしれないから、いられるだけここに居たいと思ってたりする。



おほ。

DSCN0407.jpg

バレンタイン殺人事件・・・じゃなくて、寝てたから置いて来た。(限りなく誰得)

たなぱさんとこで見つけた例のチョコ成分やってみた。
~雪うさぎから近藤茂一への手造りチョコの成分【本気 99%│抱いて下さい 1%】~
・・・・すげーwwわははは。


寝る。夢でデートだっ。

そして、今日も

hasiru2.jpg


久しぶりに、太郎ノフさんの「そして、今日も走っている」を読んで、勢いで描いた。
(というか、以前からこの作品の感想絵はやりたかったんですが・・・一年経ってしまった・・・)
丸井の感情の激しさ、コンプレックスをどこまで写せたかというと、・・・うーん、なのだが。
しかし、楽しくも、やっぱり必死の谷口さん描くのはどうしても気負うなあと思った。

あっ

前回の絵、佐藤のケガは左だというのに気付いてあわてて修正した。いけねえ左利き。
・・・・誰もツッコミなかったので、黙ってりゃばれなかったか(笑)ツメがあまいよ雪うさぎ。

ゆんべはぴぽさんとデートだったんだよー。
つっても寒いのでホテルのロビーでしゃべってただけですが。
パンダ様々。パンダのぷりちー写真はぶろぐ楽しみにしてます。
牧野牧野とうるさくてすいません。丸イガ成分たしかにちっと不足気味、このごろの井口のカッコ良さなど、萌えつぶやきまくったような。
もう飛行場に着いた頃かなー。

本の雑誌を家捜ししてたんだが、ちょっと見つからない。どこにおいたんだろープロジェクトキャプテン奮戦記。
たしか、あれで読んだんじゃなかったのかなー(違ったらすいません)。アニメキャプテンのDVDの売り上げがすごく良かったのが、すべての発端だったという話。じわじわと売れ続けている、で、これは今なら興行的にもいけるかも、とアニメプレボ始動したんじゃなかったっけか。という話をちょっとしたんだよね、ぴぽさんと。
自分もあれ、購入した訳で、そういうのの積み重ねが、力になっていく、説得力をもつってことだよなあ。
それで、新しい世代のファンがまた増える、連鎖。はじめてプレボ見てときめいてくれた中学生もいる。
世界が広がっていくのはやっぱり嬉しいよね。
映画版元のトルネードフィルムさん倒産はやっぱりショックだった訳で、あのキャプテン実写映画が好きで惚れ込んだ人たちが何度も何度も映画館に見に行って、私もDVD真っ先に予約して、全力で応援して、映画サイトにコメント書いて、成功してくれよっと祈って、ファンが支えられることって、ほんとにそんな小さな積み重ねなんだけど、もっと、できること、なかったかなあとは、今も思う。いっそDVD20本ぐらい買えばよかったか。んで、近所にくばると。興行成績、売り上げ、視聴率、関連グッズ売り上げ、下世話な話で申し訳ないが、ダイレクトにファンの力示せるのはやっぱりそこも大きな一面だ。次につながる。
「完全版作って下さい!」「そのつもりですよ」あの瞬間その場にいた人たちの声、も、プロジェクトの背中押したんだろうなあ。
専修館チャットには、製作の方がいらして下さったこともあるので、ファンの声というのはネット上、結構届くもんじゃないかなと思う。
んでもって、原作、アニメという作品、映画という作品、コアなファンも、一般で初めて見て好意を持ってくれた人も、製作にかかわった人々も、役者さんも、全部ひとかたまりだな。守りたいというのはおこがましいが、力になれたらな、と思ってる。
んでもって、まぼろしの実写版丸井編、役者さんたちが成長しないうちに見たかったなあ!!

事務連絡と怒れる男達

おまたせです。
チャットログできました→こちら
パスワード忘れた方は連絡くださいませ。



sato.jpg




なにしやがんねん!な気分で。
富戸戦好きすぎてしょうがないわ。
あ、富戸さんは使い回し(汗)。

牧野は倉橋になれるのか

ども。チャットおつかれさまです。ログはもう少しお待ち下さいね。

昨日のチャットでは熱くなりすぎて今日はふらふらの雪うさぎでございます。
だって、倉橋ですもの。
倉橋の異質さが、物語を面白くしてるって、なるほどなあと思う。

さてさて、実は、倉橋を追求したかった目的の一つに、「牧野は倉橋になれるのか」ということがありまして。
専修観戦での、投手に惚れちゃってるあまり揺らいでしまう原田の優しさと、谷口のためならゆらがないでいられる倉橋の強さ、牧野の未来はどっちだ?と考えているのでありました。(原田に関しては、ラストで百瀬のために立ち直ってちゃんと踏ん張れたことが、愛おしいんですよ。)
牧野はねー、今は原田だと思うのよ、ゆらぐ。
自分がキャッチャーとして必死でついていってるって自覚あるからねえ。
どうなるんだろう。
したら、チャットで夏風さんがにっこりと、
「それは近藤くん次第でしょ。」

合点!!!

ああ、そうだったわ。
近藤牧野は、ゆらぎまくる青臭いバッテリーだが。
南が浜戦で牧野が揺らいだら近藤がふんばり、富戸戦で近藤ががたがたになったら牧野が踏ん張った。
そういうバッテリーだった。

・・・・。

そして、もし牧野が専修館戦の原田のような精神状態になったとき、近藤がどうすんのか、妄想した!






yowaki.jpg






あああ~~~~~、煩悩ですいませんすいません。
近藤は直球勝負の人なので、こんぐらい言えたらいいなあと思う。
もともと孤立してもひとりでも投げられる人だけど、自分を信じてくれって言えるぐらい捕手を信頼してるんだよって言って欲しい。

百瀬は言えなかったから。
言う必要がないくらい、いつもの原田はきっとゆらがないどっしり構えた相棒だったんだろうと思う。信頼してたんだと思う。だから、原田がゆらいだとき、ただ、信じてついていった。うううう・・・・
・・・・やっぱり、せつないなあ専修館。


牧野は倉橋になれないかもしれないけど、
近藤が牧野を原田にはさせないから。
大丈夫!!

つう、楽しい未来妄想でございました。

今日は夜10時から専修館チャット。→こちら。
倉橋効果!を考えよう。では。

そういえば倉橋厳しいなんて書いたことあったな

うん、倉橋は厳しいと書いた覚えあるわ、たしかに。
言った言葉には責任もつか。

ありゃあ、専修館の熱烈原田ファンの方とお話ししてて、原田の優しさ、弱さがどうしようもなく好きだと言う話になったので、対比として倉橋を捕えたら、厳しい、という印象になったんだな。
うーん、厳しいというより、ぐらつかない、強い、潔い、そういう方が合うのかもしれないけど。
自分の投手に惚れ込んじゃってるあまり、打たれるところが見たくないという無意識の弱さからぐらついてボタン掛け違えていく原田と、信じてもらえないことに苛つきながらもどこまでも従っていく百瀬のバッテリーみてて、
相棒が体力と気力の限界まできていても試合終了まではけっして肩を貸さない、そんな倉橋を強い、厳しいと思ったんだ。
もちろんそれが谷口の望むところだから。
うん、倉橋が厳しいのは谷口に対してだけだと思うよ。
谷口を体を張って止めることができるのが田所さん。
谷口を止めなくてもそばで見ていることができるのが、倉橋。
あのひとを止めないでいる、手を差し伸べることをがまんする、というのはやっぱり強い人だなあと思うよ。
プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク