このごろのちび

あした締め切り。妄想~どうしよう。
小室がなんで墨谷にいかんかったのかが気になる。
牧野はそのうちとんでもない苦労をしそうで気になる。
不憫な松下はその後ちゃんとエースに成れたのか気になる。
4代目キャプテンが気になる。
谷口家の洗濯機が気になる。


・・・・

ちびとあそんでいて、擬音当てクイズになった。ちびが鳴きまねをするんだが。
「にゃあー」 「猫!」
「わんわん」 「犬!」
「ひひーん」 「馬」
「ぱおおおん」「ゾウ」
「ざっざっざっ、ばさあ」「・・・さの」
いや、それ鳴き声じゃないから。



ばとん

どうも。
なんか目がちかちかして、パソコン受け付けなかったんですが、
灰色のクリアファイルをモニターに貼付けてみたら、ちょっとましになった。
それにサングラスかけて、完璧?・・・・色、塗れませんがな。

ぴぽまるさんところのバトン、やってみた。
Yさん他にもいるけど、その指定ならうちかなあ・・・と。
なんか・・・斜め45度ぐらいボール球の、妙な人々になってますけど。


続きを読む

思いつき

例によってぼーっと考えてた。
谷口君は、思う通りにしか生きられない人。
イガラシは、思う通りに生きようと努力する人。
近藤は、思う通りに生きられる力を持っていて、その力を疑わず信じられる人。
倉橋は、力から自由な人。

なんか、こんなかんじかなあ。


今日はやたら、半田君が気になるんですよ。
というか、自分は努力してもやっぱり半田君にはなれないので。
誰かが、1つのことで困っていたら、自然に3つ以上体が動くのが、半ちゃんかなあと思う。
すっと、「アイス買ってきましょうか」と言う。自分が偵察してくる、と言う。

昔から、そういう人に出会うたびに、ああ、かなわないなあ、とおもう。
自分は、1言われたら、1かえすとこまでしか、いつも思いつかない。
言葉にされた分しか、返せない。
あとで、「ああ、あれもしてあげればよかった」とか思うんだ。
まだやさしさ足りないなあと。
うんと意識していれば、なんとか2まで返せるようにはなるんだけど。
だから、無意識に3までやっちゃう半ちゃんにはかなわない。



死と向き合う絵本

友人と、幼子に伝える絵本の話になって、見せてもらった。
「わすれられないおくりもの」スーザン・バーレイ作
アナグマのおじさんはトンネルの向こうに行く。死を、おだやかに受け入れていく逝く人。残された者達も、おじさんとの楽しい思い出をひとりひとり語るうちに、春が来る。
やさしい、おだやかな絵本です。

ペットロスを題材にしたお話はこちら。
「ずーっとずっと大好きだよ」ハンス・ウイルヘルム作
一年生の教科書にも載っています。大切な相手に沢山好きだとちゃんと伝えたなら、悔いはない。

他に話題に出たのが、有名な、アレ。
「100万回生きたねこ」佐野洋子作
うーん、これは名作だけど、ちと主旨から外れるような。何百回つまらん人生おくるより、たったいちど運命の女に出会えればいい、という話だよねえ。

ある程度大きくなった子供になら、私はこれ、いいかな。
松谷みよ子「ちいさいモモちゃん」シリーズから、
「アカネちゃんとお客さんのパパ」
「アカネちゃんとなみだの海」
もちろんシリーズ全部通して読むのがおすすめですが。
童話でありながら、少しずつ出てくる、オトナの事情と子供の目線。
それは、靴だけ帰ってくるパパであったり、ママとパパのまえに現れる死神であったり(ママは戦う、パパは死神を食っちゃう)、オオカミさんに化けたパパであったり。いっぽうで、モモちゃんとおじいちゃんの会話「モモちゃんも死んだら、お花の上にちょこんとすわれるかしら」「おお、すわれるとも。そんときの気持ちのええこと、いっぺん死んだもんでなけりゃわからん」死をおだやかに語るおじいちゃん。パパの死、もそんな風に花野へ送られて。


花野へ、といえば、トーボ君の、岩城君のペット、コロの話もそうだった。
沢山の花束。






555

555.jpg

子供達の555祭りはまっただなか。 お年玉、ファイズギアだのカイザギアだののヤフオクに注ぎ込むそうな。入札するのは私だが・・・オタクの入り口だと言ったら、母さんだってちばオタクだろうと言われた。否定できん。
映画のパンフから、たくみとまりちゃんを模写。たくみは結構似たと思うが(垂れ目)まりちゃんのきついまなざしは無理だった。もっとこう、女、なのに。(お兄ちゃんにもっとタヌキ顔だとつっこまれた)555はなんか映画だけで十分な気もする。
TV版は、きばさんのヒロインっぷりに悶えるので合ってますか(腐)
あまりにもくさかくんが黒幕過ぎて、じたばた。

里の投票に行きかけたが、結構むずかしくて引き返した。
えー君島さん。がんばれ。(相手が悪いや)

チャット後の・・・倉橋あれこれ

ども。チャットログできてますよ。ナイスセンさんお疲れさまでした~(肩もみもみ)
パスワード忘れた方はご一報下さい。

えーと。
倉橋はプロに行かないんじゃないかなあという意見が多かったので、ぼーーっと考えていたのでした。
奴は、冷静で賢い分、こう、欲がないというか、プロ野球選手になってやるっ!つう気迫が足りないというか・・・。飄々とした風のような男の欠点ですか。
うーん。
自分には厳しいんだよ。イガラシと同じく。でも、自分が勝ちたいというより谷口に勝たせたい、の方が上にくるんじゃないのかなと思う。
だから参謀なんだけども。
「たのむぞ」と言われれば、とことん動く男。誰かに頼られれば力を発揮する男。
・・・自分からプロに行きたいと思うかは微妙だなあ・・・。
ある程度3年夏に勝ち進んで、スカウトの目に留まれば、また違うけどね。
(状況に流されてるのか・・・うーん)
いったん入団しちゃえば、そりゃあすごく活躍しそうなんだけれども。

3年夏に大きく変わるのかな、もっと熱く、という期待の意見もありました。
谷口なら倉橋を変えるかもしれない。

その先。
さっき、私は、高校卒業したら倉橋は谷口から離れた方がいいんじゃないかと、ふと思ったのね。
自分の熱量を持つことが出来たら、たぶん、離れた方がもっと倉橋は成長するんじゃないかなと。
黄金バッテリーだって分かった上で、無二の相棒だって分かった上で、そんな気がする。
何でだろう。
学年の違うために谷口さんから離れたイガラシの逞しい成長を思うからかな。

うーん、まだちょっとまとまらない。まあ、いろんな意見があるっつうことで。

カフェオレ

20090111205930
そういえばうちのカフェオレボウルか抹茶茶碗かよく分からん入れ物、最近使ってなかったなと、引っ張り出してみた。結局名前はつけてない。
昨日はチャットお疲れ様でした。楽しかったですよ(=^▽^=)でもさすがに今日は役立たず。皆様しっかり休んでくださいませ。

チャット

専修館同盟定例チャット、
本日10時から。プロになって欲しいあの選手。
同盟入り口はん、このへんでいいだろう


万が一魔物が大暴れしたときの緊急避難所は→ここよ

じゃ、夜に。

近藤牧野推進活動中(笑)

こんばんわー。寒いよう。

牧野近藤コンビが大好き雪うさぎですが、素敵SSを書いて下さってるサイト様はここよ、ここ。→gameover
牧野様の不器用なカッコ良さにしびれるがいいさ!(しびれた)
近藤はどこまでも近藤なのがいいさ!(じたばた)
あしたのジョーも、サチの、宝箱のような話に、魅せられてしまいました。

お仕事始まったとたん、眠いです。何かの逃避ですかこれ。
がんばれ私。



いつもの告知

年明け専修館チャットは1月10日土曜日10時から、
テーマは「プロで活躍して欲しい選手」司会はナイスセンさんです。

そりゃあもう近藤にはぜひプロに行って欲しい雪うさぎ。
百瀬にもプロに行って欲しい雪うさぎ。
(この順番か!)ほわわん。

さてさて、正月休み、子供たちのDVD祭りは555突入。いや、新しい店できて、特撮充実してるもんで。555は、映画について行ってハマッたのよね。
どこへも行かずに、お掃除しまくったお休みでありました。

おせちもどき

ちょ、公式にお年賀状が!
晴れ姿だ~嬉しいよ~(誰、七五三とかいってるのは)



DSCN1860.jpg
まあ雰囲気だけ。家族だけだし、子供はおせちって喜ばないし。
ソーセージが一番人気だったよ・・・。
この近辺は蒲鉾の名産地なので、31日はごったがえしてました。蒲鉾屋だけの通りっていうのがあるのよ。
(煮しめのタケノコの天ぷら、そのネタいただきます~私信)

DSCN1861.jpg
お雑煮は、とりもも肉と昆布の澄まし汁。カマダのだし醤油愛用中。
大根と人参とゆで卵ともちと三つ葉。もちは焼いた方が好き。

ホントは家の味は、水菜と蒲鉾の澄まし汁なんだけどね。


食べ過ぎていい気分でふと思った。
仕事ないし、誰にも迷惑かけないし、そうか、まさにこの数日ってダイエットに好都合じゃないか!(ただしイライラしないかは保証せず・・・)


賀正

ひさびさにスイッチ入ったらもうこんな時間!寝正月決定。
今年もよろしくおねがいします。
おせちもどきは(筑前煮、なます、栗きんとん、お雑煮)まで。
それに蒲鉾とソーセージとチーズがつく。フジッコの黒豆。
きんとん、どんぶり一杯作っちゃったよ・・・。
さあ寝るか。

おやすみなさい~。
プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク