告知

夏休み最後ですねえ。宿題追い込み中ですよ。

さて、来週のチャットのお知らせ。
専修館チャット9/6土曜日/夜10時から司会ナイスセンさんで、お題は「控え投手」
エースがくずれると送り込まれる不幸な人々に愛の手を。
なんか判ちゃんが喜びそうなマイナー企画だねえ。
松川をうんと可愛がるもよし。
背番号11近藤は「控え」かというと、ふふん、11はダブルエースと読むのよ(こら。)
松下がケガするまで黙ってたイガラシは、控えどころか秘密兵器だわな。
と、主役級もからめつつ、聖陵や専修館の不憫な人やら、誰が控えか分からねえ富戸だの、
幅ひろーくおしゃべり、よろしく。

ばとん

ども、夏休み最後のラジオ体操で忙しいです。

YORKさんからばとん。
倉橋指名で頂きました!


続きを読む

近藤野球が墨谷野球になる日

富戸中関連の拍手の方で酔八拳さんから素敵なキーワードを頂いていたので、
ぼーっと考えていたのでした。
「近藤野球」

こんな素敵な言葉、表で語らないともったいない!

度々、述べてきたつもりなんだけど、近藤の野球は一見、墨谷二中の中でも異質に見えるけれど、大きな道筋としてはイガラシの野球から外れちゃいないと思ってるんですけどね。正確には、(イガラシが近藤を育ててきた道筋)の上にある。近藤が自分で経験し感じてきたことが、ちゃんと自分で消化して、血肉になって、そうしてキャプテンとして近藤野球をやっている。
新入生の適性テスト、選抜への全員特訓、首を傾げながらもいつのまにか一緒になって走り出している墨二ナイン。
近藤野球をいっちょやってみっか!みたいな感じで。

だけど、近藤個人はあいかわらず、お調子者だし、ポカもやるし、ぐさりと言いたい放題だし(少しは気を使うようにはなったけど)、自分の意志は曲げないし、親分肌だし、気分屋だし、・・・けなしてんのか褒めてんのか分からなくなってきたorz.


えーと。
富戸中戦は、親分・近藤の感情が爆発しちゃってるんですけどね。佐藤と牧野にケガさせられて、強引なブロックに頭に来て、でーん!巨体ジャンピングアタックスライディング!退場!
近藤の野球が近藤個人のものなら、ここで話は終わっていただろうな、と思う。
個人の感情がコントロール出来なくなっているときに、
曽根や牧野の動きは、実は「近藤野球」の本質をちゃんと捉えてたんだなあ。
酔八拳さんから頂いたのは、「近藤野球」を曽根は一番理解していたからマスクをかぶったんだという嬉しいコメントだったんですが。
ああそうか、この試合で、「近藤野球」は「墨谷野球」になったんだ、と思いましたよ。
曽根は、後輩の経験値を上げるために、絶望的な試合でものんびりと一年生に指示を出していく。
牧野は、指示を出しつつ、「頭を冷やせ」と近藤を何度も振り返る。(オメーがキャプテンだろ)(オメーの野球でもあるんだろうが!)そんなふうな視線にみえますよベンチの牧野。

試合終了後の茂太パパが、まだ感情をコントロールできない近藤に、気配りのサポートしてるのがいいなと思う。
ミーティングで、佐藤が真っ先にノートを持ってくるのがね、すごいツボなんだ。
丸井の「するとオメエらは・・・」に頷き合う3年生、ナインに流れる穏やかで意志のある空気。
近藤の野球は、このとき確かに、墨二ナインみんなの野球になったんだ。
きっかけは近藤だけれど。
手を離れて、大きな流れで。
みんなが走り出す。
(きっと、張本人は、周回遅れで先頭をどたどたと走っていくんだろうね。)


勝ったものが強いんだってなんの台詞でしたっけ

やっと、おわったよー書類。やっとあそべる^って、ああもうこんな時間。

里でひとしきり近藤愛を叫んできたので気分爽快です。
ひいき目でもなんでもなく、近藤はすごいピッチャーなのよ!ちょっと頭弱いけど。

本当は、今日は「富戸中のヒール(悪役)っぷりを楽しんでみる」というネタ考える予定だったんですが、(ネタふりありがとうー)
いやあ一応富戸中同盟員(富戸ラー:コードネームバリバリ伝説)だったし。
読みはじめると、ほら、あの試合、牧野のおらが投手自慢全開バリバリだし、近藤の無茶苦茶ぶり拗ねっぷり愛しいし、富戸中以上に丸井さんのヤジ酷いし(イガラシいないとそこまで・・・!)萌えすぎて、ちーっとも読み進みません。

そんな自分の嗜好は、そういえば「なんと孫六」さだやす圭(野球マンガですが喧嘩マンガ・・)とか、水島マンガでは「極道くん」とか・・・。古すぎてすいません。弓月光の「お助け人走る!」なんて、ルール内でいかに卑怯な手を使うかに頭しぼってる野球漫画だったような、すごい面白かったけど。
・・・古すぎますね。

悪役と言えば北戸の悪役っぷりはすごかったですね、イガラシへのいたぶるようなファール攻め、マウンドに引きずり出した餌食・近藤への、舌なめずりが聞こえるような4番山口の笑み。ゾクゾクしますわ。真の悪役!(ひどい)。

追記

暑いです。湿度だけサウナのようで、雨降りません。鼻の毛穴開いちゃって困ります(色気のない・・・)。

昨日の記事自分で読み返して、いくらなんでもど真ん中っつうことはないだろうよ、とセルフ突っ込み。
ストライクがはっきりしてる、ぐらいの感じかなあ。
しかし、9回の太田さんには「いい球」といわれるくらい真ん中だったのは間違いなし。
は~ら~だ~!!!!
逆らわない素直な百瀬・・・。
つうか、太田さんのあたりは二人とも、泥沼だなあ・・・。





井口がどれぐらい速いか。
佐野の球を練習で打ってきたはずの青葉打線をだまらせたのだから、
中3の時点の佐野より速いことは間違いない。
でも、スカウトの田所さん、井口の球を打ってるんですよね。
この時点で、谷口や松川より速いのかどうか、は疑問だなあ。

近藤は、たしかに井口よりはじめは遅かったのだけれど、(帚3本分・・)対江田川戦までにはほぼ同等の速さまでおいついているので、その後の成長ぶりからすると、中2の時点で、中3の井口より速いはず。

それぞれ、成長の時間軸ちがうんで、比較は結構むずかしい。






専修館原田の配球

久々に読み返してました専修館。
なに、佐野と百瀬を比較したかったんですがね。
作中描写からは、佐野の方が速いんだ。百瀬の方が重そうではあるけど(倉橋の手がしびれる)、捉えられたら、戸室でも打てた、中山さんが外野の奥までかっ飛ばした。
そんな墨谷の連中も、東実のエース工藤の球は「専修館ほどじゃない」といってて、佐野が出てきたら絶句してますから。村井さんの投球は、本格派速球投手と認めつつ打つ気満々ですので、たぶん、佐野の方が速いんだろうな。

あー。
原田の配球を追ってみたわけよ。書き出してて、切なくなってきたよ。続きどうぞ。

続きを読む

横顔ばっかりな気もする

capture-1.png
ちょっと慣れてきた。

明日でお休み終わりなんて。しょぼん。

ただいま

taniaka.jpg

かえってきました。テレビみてます。ワカチ打たれまくってます。

追いつくかー!追い上げたー・・・・負けた。

阪神貯金の利率今どうなってるのかな

あましんの前通ったので気になりました、タイガース貯金。
勝てば勝つほど利率上がるんだよね確か。
昨日はワカチの八回打ちまくりに、こええ~と戦慄してました。弟がちょうど甲子園見に行ったらしく、うらやましい!ただいま大阪方面じいちゃんちです。
色々滞ってますがご容赦を。帰るまで待ってね。

風車

20080813122243
電車すいてます。
いい天気。

なつやすみー

おわった~!
明日から盆休み~!

昨日はバッテリー映画やってたので(途中からorz)みました。
総社の風景が、愛しかった。
原作ちゃんと読んでいないのですが(読むのに気合いがいるのかなあ)・・・じいちゃんの目線が好き。

キャプテンもテレビで放送してほしいよー。




ヘラクレス

とりあえず連絡。
専修館チャットログに、絵を数点追加しましたー。


昨日は商店街のお祭りだったんですわ。
八百屋さんが、スーパーボールすくいやってましたが、景品がヘラクレスオオカブト!!(100個すくえたらって・・・・)
でかかった。おっちゃん、私の服にオオカブトくっつけるんだもの。
美しいけど、あんまりでかいから、こわいんだよー。
ちびも、むねにオオカブト貼付けられて、・・・・悲鳴あげて硬直していた。
とってー!とってー!
ところで、その、ヘラクレス、国産。
なんか、近所の農家で養殖してるらしい。
うっかり逃げたりしたら・・・・和歌山の山で、おおきなクワガタみつけて、よくみたらギラファノコギリクワガタだったという事件が去年あったなあ。
大丈夫か生態系。

雑誌/ダ・ヴィンチに、ちいさく「校舎うらのイレブン」書評載ってると教えて頂いたので、買ってみました。
上野樹里ちゃん表紙で、宮部みゆき特集っす。
あったあった、最後のページに。
愛のこもった、ひとこと、ついてます。
「校舎うらのイレブン、あらためて読めるのはなんとも幸せなことだ。」
うん。そう思う。
「「普通の男の子ががんばる話」をかくと、このひとの右にでるものはいない。」
うん。うん!






褒め言葉

妹が来て、花火やってました。
夏の風物詩。いいねえ。

このところぐぐっと背が高くなったお兄ちゃんをみて、妹が「ダルビッシュに似てるかも」
えええーーー!「もうちょっとやせたらね。」
・・・・がんばって痩せさせるか・・・・と決意を新たにする母ちゃんであった。
でも、ちょ、ちょっと嬉しいぞ。


褒められたら、どうしますか?
謙遜しますか?ありがとうといいますか?
私は後者だ。
気持ちよく、ありがたく頂いて、糧にしたい。


なんでこんなこと書くかというと、お兄ちゃんが赤ちゃんのころのこと思い出したんだなあ。
お兄ちゃん、赤ちゃんの頃、うーん、どっちかというと、へちゃむくれタイプだったのね。
世の中には、かわいいファミリアやクレージュの似合う赤ちゃんと、おっさんみたいな何着ても似合わん、どっちかというと金太郎の前掛けがぴったりな赤ちゃんがいるんだが、まあ、後者だった訳だ。
何しろ、お祝いに来た友達が「ご、ごめん。とっさに、わーかわいい!って言えなかった。」と謝るぐらいだ(おい)。
で、うちの実家では、(もちろん愛をこめて)「だいもんじゃ」と呼んでいた。
しっかし、姑さんは怒ってたね、かわいい孫になんて呼び方するんだ~みたいな。
ところが、だ。
まさにへちゃむくれ真っ最中のころ、私がだっこしてたら、近所の人に「はじめてのお子さん、かわいくてしょうがないでしょう」と言われて、私、嬉しくて、「はいっ!!」
と元気いっぱい答えたんだな。
そしたら、それを聞いてた姑さんにあとで「バカじゃないの」と言われた。へちゃむくれの赤ちゃん、相手はお世辞でいってるのに、親バカまるだしで返事して、恥ずかしい・・・ということらしかった。

いいじゃん親バカで。
私にはかわいい子供。それでいいじゃん。
褒められたら、もらう。受け取る。
褒めた人も嬉しくなるような受け取り方をしたい。

お世辞?それだって、まっこうからもらえばいいじゃん。言った人が恥じ入るぐらい、真っ直ぐに。腹の探り合いのようなやりとりは嫌いだ。

世渡り下手ですかねえ。でも、私にはその方が楽だし。




らくがき

ペンタブを試しに使ってみた。
・・・・いうこと聞かへんがな。
とりあえずこんな感じ。
(・・・・怖い絵は外しました。朝になってみたら自分でも怖かった・・・やっぱり夏は正気でかけないのかしらん、とほほ。)

capture.png

7.png



チャットログできてます。パス忘れた方はメール下さい。



月初めのドタバタ大忙しがやっと、さっきすみましたースピードアップしてるぞ私。
まだお中元返しが3つ残ってる。うーん。

ここのところの嬉しいこと。
お兄ちゃんが、一緒に走ろうという気になってくれました。
(メタボ対策ですが・・・。)
今日で3日目。張り切りすぎてお腹いたくなっちゃって、横井のようですが。
もうちょっと思春期にかかると離れていくんだろうに、その前にこう、ぐっと近くなった感じが嬉しいです。(ちびは自転車でついてきます・・・)一年間、自分のためだけに走ってきたので、ペースダウンして、子供たちと一緒に(文字どおり)走ってみようと思います。


甲子園、始まりましたね。
ちっともテレビ見てませんが。
でも、新聞で、ワカチとサイビの記事見て・・・・
サイビのエースF川くんとワカチのT甫くんがもとチームメイトで親友だった、という記事読んで、いろいろ考えてしまった。
和歌山県の球児の多くはワカチに恋いこがれて、でも望みが叶わなくて。
かの地で背番号1を必死でつかんで、甲子園で対峙。
T甫くんも、熱で点滴打ちながら、打席にたった。

どっちも勝ってほしいよなあと思うのは、いつもだけど。
今回も、何か、そう思った。

見据える

tqnipi2.jpg

谷口さんのVの口。ほんのちょっと端が上がるか下がるかで、表情がもう違う。
今日は谷口さんの表情ばかり見て読んでました。

・・・・ええ~どうせ現実逃避っす。
さっきまで、息子がそばで、「母さん、「息抜き」っていいながら、ずーっとやってるね、それ。」
はい、そうです。谷口さんのスブリみたいなもんです、絵を描くのは。えっへん。

プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク