大河ぁ・・・

直虎見終わって放心状態です・・・・
ものすごいものを見た気がする・・・
半身をその手で殺す、その手で殺される事こそが本懐。
なんだよなんだよもう、お互いを全身全霊で罵ってみせながら、お前の真実は分かっているからと至福の笑みすら浮かべて死にゆく、小野政次と、直虎。
あかん、久しぶりにドラマで号泣した。

この世界の片隅に見てきた

あーやっと見に行きましたよ。
うんまあ和歌山も土曜からだったんですが、ちびが行かないっていうし、雨だし、どうせ電車乗るんなら里帰りもかねて、大阪・・・もとい、駅直結で空いてると噂のムービックス尼崎へ。(だって、梅田だと歩くし、あべのだと母よう来んし。)
原作好きだったし、評判も聞いてましたし。

戦争映画ですよ。戦争映画じゃないということはない。それは言っとく。「今までの」という枕詞を付ければ、違う、っていうのだろうけども。
表現が難しいなあ・・・・
ラブストーリーで、おっとりすずさんの奮戦記で、でもなんか見てるうちにすずさんの絵やまぼろし的リンさんとあいまって夢かうつつか混乱してきて、非日常な空襲やら焼夷弾やら、ああ日常のなかでただみてる悪い夢なのかなあという混乱、
どこでどう現実に戻ってきたのか、今思い返すとはっきりしないんだどうも。
ただ、気分はいい。すずさんのおっとりした声が頭に残ってる感じ。
のんさん凄いというのはよっく分かるよ。終わるまで声優さんのことは考えてなかったけどつまり違和感なくのんさんの越えがすずさんだった訳で、振り返るとものすごい比重しめてるやんかこれ、と。

見終わった感じ、本の読後感とよく似てる感じ。
戦争ものでいうなら、今江祥智の「ぼんぼん」も、たんたんと続く日常と地続きで、タカラヅカ、オムライス、そのさきに阪神大空襲、疎開先で敗戦、兄弟のコエダメまみれ(金メッキ)のたくましさ、(知らないところで兄弟を助けてくれていたヒーロー佐伯老人の消失は読者のみが知る)。
あ、すいません他の本のレビューになっちゃってますね。

うんまあ、周作さんイケメン。ええ夫婦や。


君の名は。

映画「君の名は。」見てきました。
息子がどーしてもみたいというので、電車でいきましたよ交通費2人でいちまんさんぜんえん(汗)
夏休み最後の家族サービスやね。

映画「君の名は。」公式サイト

良かったですーーーー。
どこをどう説明してもネタバレになりそうなので困ったなあ。
予告見ていわゆる大林映画転校生系の取り替えドタバタラブコメかと思っとったんですが、いやそれもあるけど、
まさかのどうにもならんやんその残酷な運命・・からの大逆転、涙腺崩壊しつつ楽しかったーです。

梅雨ちゃん

tuyuyukata.png

「僕のヒーローアカデミア」の蛙吹梅雨ちゃん。
初登場の「梅雨ちゃんと呼んで」から、うわーカエルなのにいちいち仕草可愛いとと思ってたですが。
合宿のピンチの時の胃袋技のあとの冷静な恥じらい(意味分からんけどこの子の場合そういう感じなの)とか、
やばい、可愛いっと毎回思ってしまう。
ジャンプ今週号もヤバかった。泣き声が「ケロケロ」て・・・・・・「ケロケロ」・・・・・て・・・・・・
可愛すぎるやろ!

海難

海難1890、見てきましたーーーーー。

1890年トルコ船、エルトゥールル号が和歌山県串本沖で遭難した事件と、1985年イランイラク戦争時のテヘランの日本人救出劇、実話を元にした映画です。地元ロケということでこっちでは絶賛上映中なのでして。

シンプルな映画なんですよ。
でも、素直に、泣きっぱなしでした。

正直、今の日本でヘイトスピーチとかある現状、恩を返してもらう値打ちある国民なんだろうかと・・・
ただ、困っている人がいたら助けてあげる、それが時代を超えるつながりになる、そんなことがあったんだと、
感動した。

ただまあポスターの下に自衛官募集くっついてたり、両国首相のコメントがついていたりするのは、
そりゃまあ2国の友好記念映画だから当然なんだけども、
ちっと去年の安保法ごり押し騒ぎ思い出して引っかかる部分もあるんですが。
「自衛隊機を出すのに国会承認がいる、間に合わない」という劇中の会話にね、いやまあ事実なんだけども、
ちょっと過敏に反応した。今のご時世のせいだね。



そういう今の世情を抜きにしたら、とても見た後の気持ちがよい、人々の優しさが身にしみる映画でした。




男吾2

dango.jpg
しぶに上げたもの。この前のよりは、らしく描けたと思う。

懐かし漫画:あまいぞ!男吾

dango4.jpg

なんか久々に読みたくなったのは、夢に出て来たから。
夕立で走ってたら手をひっぱってくれてたという・・・きゃあ。そのときの自分完全にお姫ちゃんだった(汗)
コロコロコミック、今でもファン多いと思う。

自分はこの頃のコロコロ世代ではない筈なんだが、多分弟が買ってたんじゃないかなあ。
ケンカ上等、人情熱くて男気あふれる男吾くんと、強気のお嬢、お姫ちゃんのカップル。大好き。
この2人、果たし状で始まり、果たし状で終わるという・・・。
小学生編ラストの拳でやりあう告白シーンは、自分の中でベスト3ぐらいに入るんじゃないだろうか。
殴り合いする小学6年の男の子と女の子、
「こんなに男吾くんの事好きなのにっ!アタシの気持ちなんかなんにもわかってないんだからァ!」
「バッキャロー!オレがおまえを好きだってことぐらい感づいてなかったのかよォ!」
最高ですわっっっっっっ。
(ちなみにベスト3告白シーンの他は、弓月光「エリート狂走曲」の最終回見開きのキス。後一つは・・・なんだろ。)

あまいぞ!男吾中学編はヒロイン別にいるんですが、その子(円谷操ちゃん)もとってもキュートなんですが、しかし話としては小学生編がいちばん好きなのよね。
高校〜教師編は読んだ事ないので知らんけど。
読みたいような怖いような。


ありす!

asumi3.jpg
「これがわたし。わたしには復讐しかないの。」


台詞はうろ覚えですが。狂気じみてるのに、痛々しくて美しかった。
樹里ファンやっててよかったなー。
「アリスの棘」上野樹里さん演じるヒロインの、目にくらくらしてます。
氷のようだったり残酷な無表情と、計算された笑みと、押さえようとしてもこぼれてしまう弱さとおずおずと漏れだす微笑みと。いやまあ話はおっかねえしありえないけど、面白いです。




このゴールデンウイークはひたすらお洗濯。
近所で宮沢賢治展やってたのでみてきた。
誰がイラスト描いてもなんか寂し気と言うかひやあとするのが宮沢賢治ワールド。
そんなかで、ちからたろうの田島征三のどんぐりと山猫原画はやっぱりダイナミックだった。
アニメ好きには嬉しい名倉靖博のセロひきのゴーシュ原画はとても賑やかで楽し気でした。

明日はテルマエみてくる予定ー。コナンもしんちゃんもドラもやっているのに、ちびのセレクト,大人になった?



がんもどき

ども。トップ絵更新したのにほったらかしでございました。
近藤は2年時にも一年生に合宿持ち物アドバイスしてますからねえw
あ、丸井合宿時には布団とか枕とか持って来た奴いたねえ。
「ボク、マットレスはエアウィーブでないと寝れないんです」とか「テンピュール枕でないと寝れないんです」とか
だったらイヤですねえ。



医者に殺されない為の47の心得という本が売れているらしい。
賞を取ったとかで、人に勧められたので読んでみたが。
まあ、あれだ。死に方としてガンでの自然死を薦めている本であるという前提を忘れてすがっちゃいかんやろと思ったが、そこらへん勘違いする読者もいるんだろうか。
で、本屋うろついてたら、少し離れた場所で、こんなん見つけましたよ。
「医療否定本に殺されない為の48の真実」
タイトルがパロディですね、こういうセンスは大好きだ。
買うついでに、売り場で、わざと二つ並べ直しておいた。おっほっほ。
まあ内容はようするに、私が感じた事とおんなじだ。勘違いする人の為に描かれた本だな。



ひだまり映画みてきたー

ども。
朝から電車に乗って子供らと映画みてきました。
「陽だまりの彼女」

映画館へ入るエスカレーターで、カップルさんがぎゅっと手をつないでいるのが微笑ましかったです。






ネタばれるほどはまとまってないし、気持ち書き連ねただけですが、まあ一応追記へ。

続きを読む

プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク