クリスマスの約束2016覚え書き

昨日録画してあった、年に一回のお楽しみ、小田和正「クリスマスの約束」今日はほっこりゆっくり、みてました。

冒頭が、①「夜空ノムコウ」小田さんのしっとりした弾き語り。
確か昔、スマスマ出た時に歌ってくれたですよね。
SMAPに届け。
そして、ゲストお一人目が、宇多田ヒカル!なんとなあ。
15年前第位1回目のクリ約のとき、小田さんがautomaticちょろっと歌ったのは覚えてたが(これがいい声でねえ)、それもVTR流れました。
小田さんが当時出演依頼手紙出した(そして全員に断られた)うちの一人だったんですね、宇多田ヒカルさんも。
小田さんのギターで、
②automatic
③花束を君に
④たしかなこと
TRICERATOPSの和田唱さん登場。樹里ちゃんのダンナさんかあ。
ポールマッカートニーのメドレーという事で、お客さんにも歌ってもらう企画、キレイなハーモニー完成しました。
女性ボーカルと合わせるときは小田さん控えめになるんですが、和田さんとはガチンコでって感じの主張する歌声ですね。
⑤JUNK  
⑥water fall
⑦Silly love song  
⑧My Love  
おなじみ小委員会バンド(スキマスイッチの2人、いきものがかりの水野さん、スタレビ根本さん、小田さん)
根本さんは相変わらず語りが楽しい。(夏の広島野外ライブ?で、音楽はなんのためにやるのか?を、さださん(さだまさし?)が「金と女と名声」といいながら、でも、さださん「うまくなりたいんだよなー」と呟いたら、となりの楽屋で小田さんが黙々と練習してる音が聞こえてて、さださんがそっち(小田さんの楽屋)を指差してうなずいてた、という話よかった)(つうかこのエピソード、やっぱりリアル谷口さんだわ小田さん・・・)
⑨Breaking Up Is Hard To Do  
⑩君は天然色 
⑪約束(委員会バンドのオリジナル曲)
松たか子さんもここでメインボーカル参加。
⑫風をあつめて

JUJUさん、和田さん小田さんで。
⑬Both Sides,Now 

JUJUさん松たか子さん小田さん。
⑭赤い花白い花

⑮僕らがいた 小田さん独り。オフコースファンには大切な歌だけれど、今回は、宇多田さん来てくれた事、SMAPのこと、色々ちょっとうるっとくるな。

最後は全員でボブディラン。とんがってたころならノーベル賞うけてないかもなあと小田さん。
⑯the times they are changn'


覚え書き(9/8追加有り)

どもー無事帰れました。ちょっと最後の方覚え書き追加。



無事終電に乗りました。アンコールは諦めましたが、好きな曲大体聞けたので満足。
さあ大雨警報出てるので、線路が浸水しないことを祈る。

〜聞けた曲〜

愛をとめないで
眠れぬ夜
秋の気配
僕の贈り物
さよなら
時に愛は
I LOVE YOU
言葉にできない
風と君を待つだけ
伝えたいことがあるんだ
こころ
YES NO
ラブストーリーは突然に
恋は大騒ぎ
the flag
my home town
さよならは言わない
wonderful life
君住む街へ

もっとあったけど思い出せない。
君住む街へは、オフコースのラストツアーで買ったオルゴールと今ツアーのオルゴールと、二つゲットできたことになるのが感慨深いです。

今までのコンサートであつめたオルゴール全部並べて見た。

IMG_0097_20160908211316297.jpg

一番古いのが手前の木箱、1988年オフコースラストツアーの、手回しタイプ「君住む町へ」。
箱が大きいので今回買って来たオルゴールより音がいいです。なぜか棚探したら、二個あったよ。保存用と鑑賞用??健気だなあ昔の自分・・・。機会があれば他のファンの人に譲るのもよいかもね。
上の人形付き3つはK.ODA独立後の初期のものですね。まあほぼ28年の歴史だ・・・。


君住む街で

kimisuu.jpg




台風ダケ心配、無事帰れますように、さあ楽しむぞ^_^


堪能した


小田さんの美声堪能した。やっぱり、響きが深くなってる気がする。昔の背筋を突き抜けるような透明な声、ひりつくような刃のような声はもう聞けないんだなと、残念だけど、今の声も深くて心地良く包んでくれる感じがいい。多分、聞く私の耳も年相応に劣化しつつあるのだろう。
観客がね~マナー悪いわ…まあ、おばちゃんがたトイレ近いのは分かるけどさあ…開演10分前には席ついとくべきだろ。アリーナ席に開演予定時刻10分近く過ぎてからどやどや入ってくるとか、ありえん。アンコールのあいだに集団でトイレ行くとか、ありえん。戻ってくんなよ。そのたびに係の人が舞台の花道を畳んで通行させてるので、小田さんが花道踏み外したらどーすんだ!とまじ心配した。
あんまりトイレにいくひと多いので、気が散ってしょうかないので、目つぶって聴いたよ…。でも耳いいから足音聞こえるんだ…。
みんなを元気づけてくれる歌が多かったかな。ダイジョウブ、東京の空、the flag、など。
若葉のひと、の「何度も何度も君に恋をする」のフレーズがすき。そんな恋ができるのは男性のほうだよなと思ったら、男性になってみたい気がした。
いや、この歌で描かれる女の子がホント可愛いから。
何とか今日中に帰れそうです。裏道でタクシー拾えて天王寺の最終電車間に合った。(間に合わなかったらどうする気だったんだ…)

もうすぐ


これでケータイしまわなきゃ。

8年目の約束

クリスマスの約束2009、見終わりました。
涙腺決壊した。
8年前の小田さんの夢、叶ったんだ。
誰もが無謀だと思った、はじめは誰も応えなかった、一人で歌いはじめて、ひとり、またひとりと繋がってひろがって、今日、「22'50''」の仲間達の壮大なハーモニー。力のある歌声が重なって広がって、気がついたら泣いてたよ。
(やっぱり小田さんはリアル谷口さんです私の中では!また確信した。)
これだけのアーティストが一同に集まって、歌いきるすごさ。

22'50''


メドレー曲名
この日のこと
TRUE LOVE  藤井フミヤ
今夜だけきっと スターダストレビュー
ロマンスの神様 広瀬香美
明日がくるなら JUJU
明日、春が来たら 松たか子
永遠の詩 中村中
LaLaLa 佐藤竹善
恋におちたら Crystal Sky
STORY AI
夢で逢えたら 鈴木雅之
ハナミズキ 一青窈
翼をください 山本潤子
HOME 清水翔太
YES-YES-YES 小田和正
LIFE キマグレン
虹 Aqua Timez
全力少年 スキマスイッチ
Jupiter 平原綾香
涙そうそう 夏川りみ
青春の影 財津和夫
帰りたくなったよ いきものがかり



おっだっさーん

行ってきましたよ。
小田和正コンサート、「今日もどこかで」
幸せーーーー。

080608_2249~0001

オープニングのアニメーション(過去を小田さんが走り抜けて行くなか、オフコースのメンツが出てきて)もうそこでうわああー状態。
1曲目がこころ。
盛り上がってえーと曲順ちゃんと把握してない・・・けど、小田さんいきなり飛ばすから、3曲目ぐらいだったかな、「伝えたいことがあるんだ」で、あ、喉ヤバいんかな、と一瞬ひやひやした、けど、あとは伸びのある響くいつもの声にもどって、ホッとした。
決してトークは上手な人じゃないんだが、「一生懸命やりますから。僕はそれしか出来ないから」と何度も何度も言うのが、印象的だった。
(そういうとこ、やっぱりちょっとキャププレ谷口さんとかぶるなあと思うんだけど、このあと大爆笑な事件が。熱唱していた小田さん、(プレボ最終話電車の中のうっかり谷口さん状態だったのだ。小学生に指摘されて、苦笑いしてた・・・。))
古い歌もやってくれて・・・
nextのテーマ、聞けるなんて思わなかった、もうこの辺で涙腺決壊。
時に愛は、の腹に響くベース音、その他いろいろ、胸いっぱいですが。
まだCD化されていないけど東京の空、の「がんばっても がんばっても うまくいかない 
でも だれかが きっと見てる」のあたりでまた涙が~。
高校の頃大好きだった「君住む町へ」
久々に聞いた「さよなら」は、優しかった。昔のような張りつめた突き刺すような、身震いするような無色透明ボイスではないけれど、広がって響いてくる、深い水みたいな優しい声。


客層が、5年前よりさらに老けてて、えーと、そのー。
ちょっと不満も・・・。疲れると座っちゃうんだ・・・。
yes-noの、「きーみを抱いてーいいのっ」のあたり、昔のコンサートだと、客席の女の子たちそろって、「いいよっ♪」と絶叫したもんですが、もう淑女多いのでそれはなかった・・・・。夫婦連れも多かったしね。

「この年になると、また会おうってうかつには言えないけども」
はい、そう思うから必死で来たんですよ。

ファン歴25年でコンサート初めて、のご夫婦にチケットとってあげたんで、帰りは車にのっけてもらいました。夜釣り列車に乗らなくてすんだよ、助かった~。

クリ約見れた!

ごそごそと、語り過去ログをまとめておりました。
がらくた倉庫の方へ収納。去年夏の実写版キャプテン感想も。
一応これで、うちのサイトとしてやっとかなきゃいかんことはすんだかな。
また、のんびりペースでやっていこう。

ひょんなことで、知り合いに、見損ねた「クリスマスの約束」DVDに焼いてもらえた。
嬉しいよー・・・・
小田さんの「秋桜」!さださんのwoh woh!
ふたりで作った曲歌ってるよ・・・!
サービス精神旺盛なさだまさしトークにまったくついていこうとしていないマイペースな小田さんに爆笑。佐野元春さんとか、矢井田瞳さんとか(去年の松たか子さん泣いちゃったネタに、かーるく切り返してる辺り、さっすが。)くるりが「音楽やってるひと特有のブキミさ」と小田さんを評していて笑った。
そんなわけで、6月の大阪城コンサートは狙うぞ!

ちびが一年になるので、学習机購入。
よろこんでガンダムならべてるよ・・・・。

小田さん語りと着火。スランプ脱出~

小田さんのチケット、ファンクラブ優先予約が17日まで。
いまだ子供たちを説得できてません。カーオーディオで聞き込んでて大好きな癖に、遠くまでわざわざ行くのはイヤだって・・・。
3年前の大阪城公演で。アリーナ席最前列でいびきかきやがったお兄ちゃんに関しては、正直連れて行くのはリスク高すぎますが・・(ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!)
4月12日神戸・・・開演に間に合うか微妙。13日・・・終電に間に合いません。こんなときだけ、いなか嫌いだあああああ。
自己ベスト2の、生まれくる子供たちのために・・は、ダメだ、やっぱりうるっとなる。
昔の、突き抜けるような貫くような高音域、はさすがにもうないんだけど、その分、深く深く響く声。あの頃、世界を変えていくんだと歌った小田さんは、今また、もう一度戦わないかと「the flag」で歌う。僕はここにいる、だれか聞いているか、と。
優しいメロディのくせに、ひりつくような危機感。

空が高すぎる、と1985がすごい好きなので、次のアルバムには入って欲しいなあ・・・しかし、終わりを抱えた1985の小田さんと、独りで終わる終末すらつつみこんで前を行く今の小田さんでは、もう違うのかも知れない。

ガッシュネタ。お兄ちゃん、ひまなのでガッシュのバルカン300作ってましたが、ポッキーの箱で20分かかった。
で、「5分で作った清麿はやっぱり天才だ!」とわけのわからん感動をしていた・・。

で、キャププレスイッチはしっかり入りました。
一昨日から谷口酔いはじまっとります。今すごい気持ちいい。
今年の夏は大忙しな予感がするので(だって、一番暇な時期なのに今、去年の倍・・・)
もう、どっぷり酔って溺れられるのは今しかないだろうと、はちまきしめた。
しばらく紙に描き殴るので、ここの更新は減りそうです。携帯日記主体になるかな。
一応、DVD発売の2月20日を目標に、がんばってきます。
プロフィール

雪うさぎ

Author:雪うさぎ
雪うさぎ:男の子2人の母ちゃん。ちばあきお、キャプテン、プレイボール大好き。
息子:兄ちゃん・俺様。浪人終了、春から大学生です。
   弟(ちび)・いじられ体質。春から高校生。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク